ショートトラック・スピードスケーター 菊池 萌水

moemi_profile4 大きな夢を抱き、世界に挑戦する 菊池 萌水。 五人姉妹の四女として生を受ける。クラスメイトわずか8人の山間部にある小学校から育ったアスリート5人姉妹の四女で両親も元スケート選手、また姉妹もスケート選手というスケート一家の中に育つ。小学校までは母親に師事、姉妹で切磋琢磨しながらメキメキ実力を伸ばす。野沢北高校時代に世界ジュニア代表になり、早稲田大学に進学してからは日本のトップスケーターに成長。国内ではトップクラスの成績を保持し、日本代表としてオリンピック、ワールドカップに出場。華奢な外見とは裏腹に好奇心旺盛、長野の大自然の中で培った体力を武器にして海外遠征や合宿に励んでいる。コーチから見た性格は「負けず嫌いなタイプ」であり、2018年平昌五輪(韓国)への代表権は逃したが、4年後の北京オリンピックでの悲願のメダル獲得に向け現在も懸命に挑戦中。


8歳からショートトラックを始める。
2009年 高校1年の時、世界ジュニア大会 初出場 3000mリレー4位。
2010年 全日本ジュニアショートトラック選手権大会 総合優勝。国体少年少女500m優勝。
2014年 ソチオリンピック出場。全日本ショートトラック距離別選手権大会 1000m優勝。全日本ショートトラック選手権大会 総合2位,500m優勝。
2015年 全日空距離別500m,1000m 優勝。
2016年 ワールドカップ(オランダ)1500m4位,3000mリレー3位。
2016年 JOC指定強化選手
2017年 全日本総合チャンピオン


【受賞歴】2011年 ABN(長野朝日放送)スポーツ大賞新人賞受賞
【スポンサー】株式会社柳屋本店(ヘアケア・美容)、アシックス(トレーニングウェア&シューズ)


 

プロフィール

氏名

菊池 萌水(きくち もえみ)

生年月日

1992年4月6日(26歳)

所属

早稲田大学

身長

158cm,52kg

出身地

長野県南佐久郡南相木村

出身校

野沢北高-早稲田大学

好物

うどん

趣味

お菓子作り、1眼レフカメラ、語学

特技

水泳

好きなアーティスト

西野カナ

公式ウェブサイト

http://kikuchimoemi.com/

Facebook

https://www.facebook.com/Moemi-Kikuchi-243096082732206/?ref=bookmarks

Instagram

https://www.instagram.com/moemi_kikuchi/

ページ上部へ戻る